小型犬

犬でも皮膚病を発症する│病院で完治を目指そう

ペットの火葬で困った時は

花

民間の火葬業者の活用

ペットが亡くなって火葬が必要になった時、通常は人間と共有の火葬場を使うことになります。ただし人間の火葬が優先なため、時期によっては予約が取れないということがおこる可能性があります。夏場にそんなことになってしまうと、遺体も傷みますし保管場所にも困ってしまうことになるでしょう。しかも飼い主さんが忙しい場合は、都合よく予約の時間に行くというのが難しいこともありますから、そのことも考えなくてはいけません。ただし民間のペット火葬業者を利用すれば、そんなことで悩むことはなくなります。また、業者さんによっては自宅の側まで火葬可能な車両を派遣してくれるので便利です。しかも人間用の火葬場と違い、誰に邪魔されることなくゆっくりペットとお別れができるとあって、ペットとの別れを充実させたい飼い主に大変人気となっています。

火葬業者を利用する前に

ペット火葬は利用者が増えていることもあり、年々予約が取りづらい状況になっています。繁忙期は他の予約と重なってしまい、希望通りの日取りで火葬ができないこともあるのでその点は覚えておきましょう。またペット火葬に際しては、使用できる棺の素材や大きさの他にも、棺に入れていい物に制限が設けられているところがほとんどです。この規格を大幅にオーバーしてしまうと、ペットを火葬する時に支障が出てしまうこともあるので、気をつけて確認しておきましょう。他にも出張のペット火葬業者を呼ぶ場合は、車両の駐車場所の確保や近所の方に対する配慮が必要になります。できれば目立たない場所や時間帯を選び、業者に遺体を引き取ってもらうといいはずです。